乳酸菌は、便秘の解消やアトピーに効くんです

ページの先頭へ
トップページ >

結構、ヨーグルトは便秘解消効果がある

結構、ヨーグルトは便秘解消効果があるといわれますが、私が実体験したのは、たくさん食べないと、あまり効かない感じがします。

日ごとに1パックぐらい食べて、やっと便通があるという感じです。

ヨーグルトが大好きな人はいいですが、好まない人も、ジャムを入れて味を変えてなるべく摂取するとよいでしょう。

アトピーは乳酸菌を摂取することで、症状の改善がされる可能性があります。

アレルギーの原因物質が腸内に進入すると、IgEという名の抗体ができる働きを持ちます。

そして、発生したこのIgEが多くの数発生してしまうと、過剰反応を起こしてしまうことにより、アレルギーを発生させることになるのです。

ここにアトピー症状を起こす原因だといわれており、乳酸菌には、IgEが大量に生産されることを防ぐ働きがあるといわれています。

主に一歳から五歳くらいの子どもがインフルエンザ感染し、発熱を起こした後、突然けいれんや異常行動、意識障害などの症状が出るのがインフルエンザ脳症となります。

インフルエンザ脳症は、命にも関わってくる深刻な疾患であり、回復した後に後遺症が残ってしまう場合もございます。

私には乳酸菌サプリと言えば、何てったってビオフェルミンです。

まだまだ子供だった頃から存在していたサプリであり、下痢や便秘や腹痛で苦しんでいたときも、いつも私のお腹を労わり続けてくれました。

CMで「人には人の乳酸菌」と流れていますが、私にとっては効果がある乳酸菌サプリとはビオフェルミンです。

私の子供がアトピーであると診断されたのは、まだ2歳のときでした。

かゆみがしょっちゅうあり、対策として、皮膚科でステロイドを処方されました。

そうして2年ちょっとステロイドを与え続けて、気をつけて様子を見ていたのですが、赤みのぶり返しはやまず、なかなかその治療の効果がつづいてくれません。

そのため、保湿剤から漢方薬に治療法を変え、食事の見直しも行ったら、小学生になる頃にはすっかり症状は収まりました。

一般的な乳製品でなくても、乳酸菌が入った食

一般的な乳製品でなくても、乳酸菌が入った食品があることを知り、乳酸菌て何だろうと調べてみました。

いろいろ検索し、そしたら、乳酸菌というのは乳酸の菌ということではなくて、化学反応によって乳酸を作り出す菌類のことなのだそうです。

これは常識なのですか?ここまで30年以上生きて来て、とても驚いた事実です。

運動不足は筋肉の衰退していくだけでなく、体調不良も引き起こします。

もっとも女性に多く見られるのは、便秘症状です。

運動不足を解消しようと、会社へ行く時にエレベーターの代わりに階段を使ったり、食事の時に食物繊維を多く含んだ食品を増やしたりするのが良い方法です。

できれば、便秘を防ぐためにも、週に1、2度はウォーキングしたり、自分に合った運動をして体を動かした方がいいです。

ご存知の通り、アトピーの改善には食べ物も有効です。

効果的な食事を意識することで健康的な肌へと改善することができると言われています。

特に胃や内臓などの消化器系を良い状態にし免疫力が高まる成分としてヨーグルトや大豆食品を代表する食品などをできるだけ、バランスよく食べるとアトピーへ効果があります。

母は重度のアトピー持ちです。

どうやら遺伝していたみたいで。

私も同じくアトピーになってしまいました。

皮膚がボロボロになって、日々保湿を欠かすことができません。

しっかりとスキンケアをしないと、外にいくのも難しいのです。

母を責めるわけではないのですが、いつか、私の子供にも遺伝してしまうのかと思うと、絶望的な気持ちになります。

便秘のツボでよく知られているのは、おへそから両側に指に2本分程度離れたところに存在する天枢(てんすう)です。

後、へそ下5cmくらいの場所にあるふっけつというツボも良いと思います。

手にも支溝(しこう)と外関(がいかん)と言われるツボがあります。

色々なタイプの便秘によっても、効果があるツボが違うので、自分に合ったツボを押すことで改善できやすいでしょう。

子供がアトピーだとわかったのは、2歳に

子供がアトピーだとわかったのは、2歳になったばかりの頃でした。

膝の裏にかゆみも感じていたようだったのでそう伝えると、皮膚科からはステロイドを処方されたのでした。

ステロイドを2年あまり治療に使い続けて、気をつけて様子を見ていたのですが、かゆみを繰り返し起こし、ぜんぜん良くなりません。

そのため、ステロイド剤を漢方薬の投与に変更し、食事の見直しも行ってみたら、小学生になる頃、アトピーに悩まされることもなくなりました。

アトピーの角質層はセラミドという成分が通常の皮膚よりも少量になっていて、お肌のみずみずしさやお肌を守る機能が少なくなっています。

ここを補って健康な状態に戻すには、保湿が最も大事です。

そのために、お肌の表面を保護して、保湿剤を使う事が必要なのです。

私はとても頑固な便秘に苦労していたのですが、今では少しずつ便秘が治ってきています。

改善するために行った方法は、毎日ヨーグルトを食べるという方法でした。

友人がこの方法で、見事便秘を克服したという話を聞いて私もヨーグルトを買いに行って実践してみたのです。

この対策を実施しているうちに、だんだん治ってきて、今では、便秘で困ることもなくなりました。

ここ最近は年ごとに冬になるとインフルエンザが大流行することが続いています。

年ごとに予防注射をする人も増える一方ですが、都市部では相当の数の人がインフルエンザになっています。

感染の経緯は色々と考えられますが、電車やタクシー、街での人込み、職場など、大人数と接触する空間で感染することが考えられます。

乳酸菌をたくさん摂りすぎても特に副作用を心配する必要はありません。

ではありますが、身体に良いにしてもヨーグルト等で過剰摂取すると、カロリーがオーバーすることがあります。

消化吸収できる量にも限界というものがあるので、常識内の量に保つと確実でしょう。

便秘解消サプリ

Copyright (c) 2014 乳酸菌は、便秘の解消やアトピーに効くんです All rights reserved.